ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 2015年8月一覧

2015.08.31 学び
妖怪堂にて妖怪講座を受ける

妖怪堂にて、妖怪講座を受ける??
水木しげる大先生関係???

よく分からないマニアックなタイトルですいません。

けど、タイトル通り、京都西院にある妖怪堂さんが営業する「妖怪カフェ」にて妖怪講座を受けてきました。

そのよく分からないことを、ありのままレポートします。

ちなみに私事で恐縮ですが、私自身は「目に視えないもの」に非常に興味・関心があり、
気付けば4歳の頃には、兄の心霊写真を愛読しておりました。
妖怪でいえば、水木しげる大先生を本気で尊敬しております。
それ故、今回の妖怪講座への期待はすごいものでした。

一体、妖怪講座って何するの?すごい楽しみ過ぎるのだけど・・・

講座を主催するのは妖怪堂の店主、葛城トオルさん
妖怪「土蜘蛛
」の子孫らしい。
えっ、???
ちょっと気になると思いますが、レポを進めます。

2015083001.jpg
外観はこちら。
京都、阪急西院駅近くにある「妖怪堂」前にて。

2015083002.jpg
妖怪好きなら、このコピーは地味に心に響くはず。
「ゲッ」を一文字で終らせているところ、良いですねぇ。
スタッフ募集も気になります。
神戸から西院はちょっと遠いのですが、何かお手伝いできることあるのかなぁ・・・(さりげにアピール)

2015083003.jpg
妖怪堂の店主葛城さんは、絵師でもあるみたいで、
店内は至る所に妖怪画が。
この「百鬼夜行」は圧巻です!!

2015083004.jpg
葛城さんの先祖、土蜘蛛!!

2015083005.jpg

2015083006.jpg

どの妖怪画も魅力があります。
知っている妖怪画を発見すると、テンション上がりますよね。


2015083007.jpg

さて、一息ついたところで、
妖怪堂店主葛城トオルさんの妖怪講座スタートです!!

2015083008.jpg
初対面の印象は・・・人間の姿した妖怪!!!
すいません!すいません!!
冗談抜きで、そう感じました。
尊敬する水木しげる大先生に、何だか似てる!!!と感じました。
それだけで、私のハートは一気に掴まれました。笑

妖怪講座ですが、受講するメンバーのレベルに合わせてお話してくれるみたいです。
今回のメンバーは4人で、一人以外は仏像マニア、しらべぇの記者、そして私。

2015083009.jpg
真っ白だったホワイトボードには、話に出た内容がどんどん書き込まれていきます。

気付けば、妖怪から話は広がり・・・
民俗学、文化人類額、日本史などなど。

一つ一つ違う次元のものが、実は裏で繋がっていたんだよ・・・という
葛城さんの妖怪講座は実に面白い!!!
受講する側もどんどん引込まれていきます。

葛城さんが妖怪「土蜘蛛」の子孫と名乗る理由も判明。
歴史を遡ると、古代豪族時代。
葛城さんのご先祖葛城氏は、野山に穴を掘る戦術などから「
土蜘蛛(つちぐも)族」ともよばれていたそうです。
それが後の勝者による歴史作りにより、妖怪として生き残ったんですね。

ちなみに、葛城さんに「玄関から飾っている絵の順番は何か意図しているものがあるのですか?」と質問しました。
だって、玄関口一番に土蜘蛛のイラスト入りTシャツを飾っていたので。
先祖の土蜘蛛で「welcome」みたいな意味があるのかな〜と思いまして。
葛城さんによると・・・特に意味はないそうです。

Σ(´Д` )

少し思いました。
大学入試の時、日本史を専攻してて本当に良かった。

あっという間の2時間。
妖怪講座修了です。
もう次に予約していたグループが待っておられてました。
あぁ、足りない。もっともっと聴きたい!!!
妖怪講座だけでなく、葛城さんご自身が体験した目に視えないエピソードなどもっともっと聴きたい!!!

店内は自由に見学しても良いみたいです、
すぐ帰るのも名残惜しいので、お言葉に甘え見学しました。

2015083011.jpg
「これ、お宝では???」
というような書物やビデオなどが乱雑(一応、整理整頓されてるのかな?)置かれてます。
色々と探すのが楽しい。
他のグループの講座中にも関わらず、対応してくれる葛城さん。
ありがとうございます。そして・・・・・

ぎゃーーーーーー、お宝ありましたよ!!!発見!!!!!
水木しげる大先生の直筆サイン!!!!!!!!!!

2015083012.jpg

感動のあまり、理性を抑えつつ、せめてできることを・・・

2015083013.jpg
サインの線一本一本を丁寧に指でなぞらせていただきました。
感動で手が震えました。笑いが止まりません。
本当に嬉しくて、どうしようもありません。
本当にすごいです。

大満足の妖怪講座。

毎月妖怪講座を開催されているようなのと、
個人的にも京都妖怪ツアーなども開催されているとのこと。

妖怪堂facebook https://www.facebook.com/YaoGuaiTang
オトナの寺子屋facebook https://www.facebook.com/pages/オトナの寺子屋/362666243832429

またチャンスあればぜひ参加したいです。
興味のある方はぜひチェックしてみてください。

女性にもやさしい妖怪講座も開催されるみたいです。
女性にやさしい妖怪・・・あったっけ?とふと考えてみましたが、
妖怪ねぶとりなんかは、反面教師として知っておくと良いかもですね。

url.jpg

今回の妖怪講座は、
しらべぇ記者の伊東さんによって既にアップされてます。
こちらはまた別視点でまとめられて面白いですよ。
【ディープ京都】普通の観光に飽きたなら「妖怪の子孫」による妖怪講座へGO!

妖怪に興味あるない方
妖怪に近づくための一歩となるきっかけとなれば幸いです。




2015.08.19 学び
あの広告の掲載料はいくら?広告料金の相場40選

面白い記事を見つけました。

日常目にする広告。
ネット広告を除く、マスコミ四媒体をはじめ、交通広告や屋外広告など、
広告の掲載料をまとめたサイトです。
(※インターネットで公開されている広告媒体の料金相場

例えば、

駅・ホーム

ホーム向かい駅看板セット 12,000,000円(1か月:山手線、17駅×20面) 
ホーム向かい駅看板 1,320,000円(1年:JR品川駅、電飾看板) 
トレインチャンネル 1,100,000円(7日:中央線快速、15秒×4本) 
ホームドアステッカー 1,000,000円(1か月:地下鉄三田線S・1等級駅) 
駅ポスター 84,000円(7日:首都圏S駅ランク、B0サイズ) 
駅ばりポスター 60,000円(7日:都営地下鉄S等級駅、B0サイズ) 
自動改札ステッカー 5,500円(1か月:都営地下鉄S等級駅) 
車内ガイド放送 150,000円~(1か月:谷町線 阿倍野駅)

■媒体資料
http://www.jeki.co.jp/transit/mediaguide/lineup/
http://bit.ly/1E0hYKe
http://www.3aaa.co.jp/traffic/station.html
http://bit.ly/1Mphhwv

(モバイルマーケティング研究所より引用)


資料URLも紹介してくれているのは親切ですね。

主に東京の例が多いですが、条件によって違ってくると思うので、
地方でもある程度参考になるのでは?

私は制作側ですが、こういう広告料金も知ってた方が、
いざという時、お客様へのアドバイスになるのでとても助かります。

他にももろもろ面白い記事がたくさんの
モバイルマーケティング研究所のサイト。

【保存版あの広告の掲載料はいくら?広告料金の相場40選
https://moduleapps.com/mobile-marketing/20150818_ad/

これからの新しい記事が楽しみです。

モバイルマーケティング研究所

2015.08.09 学び
『デザイン』について改めて学びました

ロート製薬やグリコなど多くの有名企業のロゴやCIを担当され、
現在は京都大学で客員教授として活躍されている
奥村昭夫先生の勉強会に参加。

セミナー名は『会社や人生をデザインで変える!「第2回 奥村昭夫先生」』。


2015080901.jpg
photo by オフィスマスウラ内「神の宮共働態」事務局様


私は第2回目からの参加でしたが、
その内容は十分に楽しめるものでした。

デザイナーとして刺激を沢山受けた2時間。
その内容を簡単にですがまとめたいと思います。


〜 私たちの生活に欠かせないデザインはどのような観点で作られ、
どのようなメッセージが込められているのか? 〜


このテーマを奥村昭夫先生が関わった一つつの実例に基づいて、
奥村昭夫先生ご自身がエピソードを交えて、ユーモアたっぷりお話されました。

ロゴや紙広告、webのデザインをする私にとって、
すごいデザイナーの仕事の現場(制作過程)の話を拝聴することは、
とても貴重な学びの機会です。

何が何でも自身のデザイン(仕事)に繋げたい!!

その中でも印象に残ったのが、
奥村先生がデザインを作成する時のお話。

〈奥村先生の仕事メモ〉ex:名刺作成

2015080902.jpg

こんな感じで奥村先生はヒアリング内容をまとめ、
そこからデザインへと入るみたいです。
通常、デザインを考える時、ヒアリング内容・コンセプト
に基づいて考えます。

奥村昭夫先生の方法は、キーワードを視覚的に整理整頓しているので、
情報の優先順位や連想するイメージなどがより一層絞られます。

私の場合は、連想ゲームのようにキーワードとキーワードを繋げ、
最終的にデザインのイメージを作り上げたりします。
この付箋のように整理整頓するっていうのも分かりやすくていいなぁ、
今後取り入れようと思いました。

他に、奥村先生がセミナー参加者全員に「何でこのデザインにしたでしょうか?」
という質問がありました。
(ときどき、参加者全員に質問を投げかけてきます)

私は手を挙げなかったのですが、そのデザインに至るまでの理由が、
私が考えたものと全く一緒だった時はとっても嬉しかった〜。
手を挙げなかったので、奥村先生は知る由もありません。はい、自己満足です。

他にも、奥村先生の仕事のエピソード一つから、
デザインについてだけでなく、人生そのものの学びを教えていただいたと思います。

他に感じたことは、

・人とコミュニケーションを取り、現場に行ってその空気感を直接感じることは必須

・「言葉(キーワード)」って本当に大切で、これに向き合うことが大事

・やっぱり自分自身が納得した案件って、不思議と上手く進む

・自分の中で限界を決めない

・デザインのインスピレーションってふっと湧いてくる
 取り組む時間は関係ない。言葉は案外後付け???

・クライアントやクライアントの顧客の気持ちを大切に考える

160点に及ぶコピーライターとの問答

勿論他にも沢山ありましたが、今はこれだけしか思い出せないということは、
これが私にとって必要なことなのでしょう。

しかし、頭の中に浮かんだものを目に見えるカタチで表現するって、
とっても楽しいことだと再確認。

仕事だし、お金が発生するので本気で取り組んでいるし、
しんどいこともあるけれど・・・楽しい。


私自身、本当にまだまだですが、
たくさんあるデザイン会社さんの中で、敢えてmamio designを選んでくれた
クライアントさんたちのためにも頑張らねばと良いエネルギーをいただきました。
「全てが学び。これからも頑張れ!!」と背中を優しく押してくれた気がします。

本当に素晴らしい学びでした。
奥村先生、本当にありがとうございました。

第三回は自分自身の名刺作成。
スケジュールを調整し、なんとか参加したいと思います!!

奥村先生から、もっともっとたくさんのものを学びたいのです。





2015.08.02 制作実績
【名刺作成】ネイルサロン"atelier de cochonnet"様

阪神石屋川駅すぐにあるネイルサロン"atelier de cochonnet"谷岡様の
お名刺を作成させていただきました。

谷岡様とは、ネイルサロン"atelier de cochonnet"として独立される前からのお付き合い。

谷岡様はいつも、仕事や幼稚園行事のバランスを考え、
その月に最適なネイルデザインを提案してくれます。
しかも、私に似合うポイントをしっかり抑えて。

だからか、結構頻繁に「どこでネイルをしているの?」と女性陣にはよく聞かれます。笑
それくらい、私に似合ったネイルを毎回施術してくれます。

そんな谷岡様からの名刺のご依頼。
何故名刺が今必要なのかをしっかりヒアリングし、
彼女の人脈が広がりご縁が繋がるきっかけになるよう、
気持ちを込めて作成させていただきました。

2015080201.jpg

2015080202.jpg

【名刺
向き:横(w90mm×h51mm)
カラー:4色
印刷:両面
用紙:上質紙

ご自宅でサロンを開かれていて、
ゆっくりした空間がとても心地よい。

本当にお勧めなので、
次回のブログではその辺りをもう少し深くご紹介したいと思います。


ネイルサロン"atelier de cochonnet"
blog:http://ameblo.jp/atelierdecochonnet/
facebook:https://www.facebook.com/atelierdecochonnet?pnref=story

2015.08.01 お知らせ
夏季休業のお知らせ

本年の夏季休業は以下の日程となっておりますので、
お知らせいたします。

------------------------------------------------------------
■休業期間
2015年8月10日(月)~2015年8月18日(火)
------------------------------------------------------------

2015年8月19日(水) から平常通り営業いたします。

休業期間中のメールでのお問い合わせに対する回答は、
2015年8月19日(水) 以降となります。

休業期間中はご不便をおかけいたしますが、
ご了承くださいますようお願い申し上げます。

どうぞよろしくお願い致します。