ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 学び
  4. フォントのホント 其の一

2016.10.09 学び
フォントのホント 其の一

適切なフォントを選択すると、フォントの存在感は消える。

2016/10/01(土)に第30回リクリセミナー「フォントのホント」に参加してきました。

WEB業界では珍しい『フォント』がテーマのセミナー。
DTPの世界では、『フォント』はとっても重要な要素でして、経験1年目すぐに徹底的に文字詰めや文字組を叩き込まれたものです。
けれど、WEBの世界はユーザーが使用する環境によって画面表示が違ったりするので、『フォント』に関しての認識は甘いイメージがありました。

が、ここ最近、WEBフォントを抵抗無く使えるようになり、その流れはDTPに近づいてきたように感じます。

グラフィックデザイナーでもある私としては、WEBデザインをする上で、ずっと気持悪いと感じていた『フォント』が改善されることに大きな期待を持ちつつセミナーに参加しましたヽ(*^^*)ノ


IMG_6299.JPG

セミナー開始前。
フォント愛溢れるスライドが早速沢山流れていて感動。笑

そして、セミナースタート!

----------

No.1日本語webフォント最新事情
関口 浩之さん(ソフトバンク・テクノロジー株式会社)

IMG_6300.JPG

文字の歴史の講義。
約5,000年前に文字が誕生したと言われています。
第一次〜第三次情報革命と時代を分け、文字の辿った歴史解説はとても面白かった。
普通に学校の授業レベル!!

IMG_6304.JPG

歴史に続き、関口さんオリジナル調査の元、
webフォント人気書体、業界別webフォント普及率、業界別好まれるwebフォントなどなど、現場ですぐ応用できそうな美味しい情報盛りだくさん♡

結論:
日本語webフォントはマルチでバイス時代の新しい絵の具!
つまり、コンテンツが何を訴えるのか→それに相応しいフォントを選ぶことが大事なのです。

フォントのホント 其の二
フォントのホント 其の三





< 前の記事  お知らせ一覧に戻る