ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. ビジネス一覧

2015.08.19 学び
あの広告の掲載料はいくら?広告料金の相場40選

面白い記事を見つけました。

日常目にする広告。
ネット広告を除く、マスコミ四媒体をはじめ、交通広告や屋外広告など、
広告の掲載料をまとめたサイトです。
(※インターネットで公開されている広告媒体の料金相場

例えば、

駅・ホーム

ホーム向かい駅看板セット 12,000,000円(1か月:山手線、17駅×20面) 
ホーム向かい駅看板 1,320,000円(1年:JR品川駅、電飾看板) 
トレインチャンネル 1,100,000円(7日:中央線快速、15秒×4本) 
ホームドアステッカー 1,000,000円(1か月:地下鉄三田線S・1等級駅) 
駅ポスター 84,000円(7日:首都圏S駅ランク、B0サイズ) 
駅ばりポスター 60,000円(7日:都営地下鉄S等級駅、B0サイズ) 
自動改札ステッカー 5,500円(1か月:都営地下鉄S等級駅) 
車内ガイド放送 150,000円~(1か月:谷町線 阿倍野駅)

■媒体資料
http://www.jeki.co.jp/transit/mediaguide/lineup/
http://bit.ly/1E0hYKe
http://www.3aaa.co.jp/traffic/station.html
http://bit.ly/1Mphhwv

(モバイルマーケティング研究所より引用)


資料URLも紹介してくれているのは親切ですね。

主に東京の例が多いですが、条件によって違ってくると思うので、
地方でもある程度参考になるのでは?

私は制作側ですが、こういう広告料金も知ってた方が、
いざという時、お客様へのアドバイスになるのでとても助かります。

他にももろもろ面白い記事がたくさんの
モバイルマーケティング研究所のサイト。

【保存版あの広告の掲載料はいくら?広告料金の相場40選
https://moduleapps.com/mobile-marketing/20150818_ad/

これからの新しい記事が楽しみです。

モバイルマーケティング研究所

2013.10.08 学び
『嫁ぐ日までのマナー』講座①

ageha.jpg

画像は、代々受け継がれている『女家紋』の揚羽蝶です。

さて、これがどう話に繋がるかと言いますと・・・

先日、『嫁ぐ日までのマナー』講座を受講しスタートしました。
嫁いで、6年は経ちますが・・・(笑)

私の尊敬するイメージアップアカデミー芦屋の古賀先生が開催している講座。
(既に嫁いではいるけど)いつか受けてみたいと思っていたので、
この度ご縁があり受講することができました。

『マナー』とは・・・から始まった初回。
少数人数なので、その場に集まったメンバーで雰囲気が決まるみたいなのですが、
今回出会えた方たちは本当に素敵な方たちばかり。
既に嫁いでいる2名(私含む)に嫁がれたばかりの新妻さん、それにこれから結婚を考えている方。
それぞれの立場の考えを聴くことができ、また皆さんそれぞれ手に職を持っておられるので、
その話でも盛り上がり、とっても和やかで楽しい雰囲気。

形式だけのマナーではなく、思いやりの心や感謝の気持ちを態度や言葉に表現することがいかに大切であるかを学びました。

私自身、マナーとは先人たちの人間関係を円滑にするための知恵だとも思ってます。

私自身18歳で県外の大学に出たので、祖母や母から伝えられた「おもてなし」の心やマナーを教えてもらえず、
恥ずかしい失敗もたくさんしました。

結婚してからちょくちょく母に電話で教えてもらいますが、まだまだ追いつかず。
母の話を聴いていると、それは祖母から教えてもらったものばかり。
そして、その祖母も曾祖母から教えられたんだと思うと、ふと代々伝わる女家紋の存在を思い出しました。
(ここで、文頭の「女家紋」と話が繋がるのですね)
もしかしたら、この女家紋には、同時に先祖たちの人間関係を円滑にするための「おもてなし」の心や生きる知恵やマナーも同時に伝えられていたのではないかと。

あくまで想像ですが(笑)

後5回、妻として、母として、女性として、そして人として大切にしたい事をしっかり学ばせていただきたいと思います!!

2013.08.06 学び
ご縁を感じる「子孫」

先月開催された『卵子老化の真実』講演会の主催者である、イメージアップアカデミー芦屋の古賀先生より、
神戸で唯一3つ星を獲得された「子孫」へご招待いただきました。

普通の住宅街の中に、ポツンとある贅沢な数奇屋作りのお店が子孫さん。
素晴らしい庭園を眺めながら、本物のおもてなしとお料理を堪能するという贅沢かつ癒しのひと時を過ごしました。

個室ということもあり、庶民の私は早速記録を(笑)(勿論、お二人にはお断りいれましたよ)

ひとつひとつ季節を盛り込んだお料理を五感を通じて楽しむ。
そして、マナー講師である古賀先生のプチ・マナー講座もあり、こういう場のマナーもちゃっかり教えていただきました(笑)

大好きな女性である古賀先生と前田さんと過ごすこの時間はあっという間です。

2013080201.jpg












2013080202.jpg












2013080203.jpg












2013080204.jpg












2013080205.jpg












2013080206.jpg












2013080207.jpg












2013080208.jpg












2013080209.jpg












2013080210.jpg
















本当に素晴らしいの一言です!
古賀先生、ありがとうございます。

小さな子供連れは難しいですが、息子が中学生くらいになったら、入学祝いなどで、夫と息子と家族でいつかお邪魔したいと思います。
息子には「本物」を知ってもらいたいという親心もありまして。


そして、その後のプチ・エピソード。

このことを、古賀先生がご自身のFBに記事を載せられ、「卵子老化の真実」講演会の講演をされた河合蘭先生が

子孫って素晴らしいお店の名前ですね」とコメントを書き込まれたのですが、、、、、

!!!!!!!!!!!(はっ!!←気付きの声)

卵子=子孫

お店の名前は「こまご」と呼ぶのですが、別読で「しそん」。

全く気付きませんでしたが、何と言う偶然!!!

古賀先生もこのことにお気づきでなく、それも蘭先生からご指摘があったことに、ふっか〜〜〜い"ご縁"を感じました。

やはり、家族で子孫さんにお世話になるしかないですね(笑)